フリーエンジニア視点からのSEという職業考察

開発のピークが過ぎると他のプロジェクトへ異動させられる?フリーエンジニア視点でのSEの業務事情

カテゴリ一覧

フリーエンジニア視点でのSEの業務事情

フリーエンジニアになってみて思う、会社員SEとして働いていた時代の理不尽な業務事情。会社という組織に所属する以上、避けようがないことかもしれません。

フリーエンジニア視点でのSEの業務事情

社内に複数並走する開発プロジェクトの波

システム開発には、忙しい時期とそうでない時期の波があります。その波は、そこそこ激しい波で、ピーク時は超多忙、波がひけば、どっぷり暇・・・という状況もありえます。開発会社の社内には、常に複数の開発プロジェクトが並走しています。当然のことながら、各開発プロジェクトの波の波形はバラバラです。社内では常に、プロジェクトA がピークを迎え多忙を極めている傍ら、プロジェクトBでは暇な時期を迎えているという状況が起きています。

ひとつのプロジェクトに最後まで関われない

このような状況の中、SEとしての能力よりも、社内事情や社内の人間関係によって、プロジェクトを移動させられるということが往々にして発生します。プロジェクトのピークを越えて暇になった頃、多忙のピークを迎えている別のプロジェクトに移されるという、悲惨な目に合うケースもあります。プロジェクトに途中参加するというのは、SEにとってなかなかの苦痛を伴います。プロジェクトの最初から参加しているメンバーに比べ、そのシステムに関する業務知識を習得するところから出遅れている上に、今に至る経緯も見えません。
ピークを迎えて忙しい方のプロジェクトからの具体的な要請であればまだマシですが、単純に今までのプロジェクトが暇になったことによる人減らしである場合は、最悪です。受け入れる側のプロジェクトリーダーなり上司が有能であれば、上手に使ってくれる可能性もありますが、必ずしもそうとは限りません。途中参加したプロジェクトの上司やリーダーにマネジメント力がない場合、周囲はめちゃくちゃ忙しそうなのに自分ひとりやることがないまま放置される、という事態に追い込まれる可能性だってあるのです。

無能な上司にふりまわされる

会社の上司というものは、えてして有能とは限りません。マネジメント力が無いにも関わらず、ただ年を取っているだけでその席にいる場合もあります。技術力はあってもマネジメント力がない上司、マネジメント力はそこそこあっても根本的な技術を理解できない上司など、組織の中でSEを取り巻く人間模様は、何とも複雑です。そのこと自体がすでに理不尽と言えば、理不尽ですが・・・。そのような上司たちがきりもりするプロジェクト間で、無駄に振り回されることほど、苦痛なことは無いかもしれません。

Copyright © 2014 フリーエンジニア視点からのSEという職業考察 All Rights Reserved.