フリーエンジニア視点からのSEという職業考察

フリーエンジニア視点でのSEという職業の現状

カテゴリ一覧

フリーエンジニア視点でのSEという職業の記事一覧

会社員SEからフリーエンジニアに転身し、多くのプロジェクトをこなしてきた日々の中、肌身に感じるSEという職業の実情・現状について語ります。SEという職業は、高度なスキルと能力を求められる技術職でありながらも、実態としてSEを取り巻く環境は、あまり恵まれたものではありません。過酷な労働環境、悲惨な業務事情、その割に報われない給料事情。考えれば考えるほど、SEという仕事が本気で好きでない限り、SEなんてとてもやっていられません。

フリーエンジニア視点でのSEの業務事情

フリーエンジニア視点でのSEの業務事情

SEといえども、会社員として働く以上は会社組織の事情に振り回されるものです。組織の事情には、上司の感情や相性なども影響するので非常に厄介です。SEとは高度なスキルを要する技術職。だからこそ、マネジメント力のない上司の下についてしまうと、理不尽な思いをすることも多々ありえます。SEが社内組織に振り回されると、どんな悲惨なことが起きるのか、SEの業務事情について、実態をお話します。これは、フリーエンジニアに転身して、あらためて思う、会社員SEのつらさでもあります。

フリーエンジニア視点でのSEの給料事情

フリーエンジニア視点でのSEの給料事情

SEになるためには、研修などそれなりの勉強期間を経た後、実践と経験を積み、専門知識とスキルを身につける必要があります。そして、晴れてSEとして一人前になれば、過酷な激務が待ち受けています。あらゆる意味で優秀なSEほど、仕事が集中し、負担は重くなりがちです。その割に、報われない。それが、企業に勤めるSEの給料事情です。開発案件を売り物とするならば、SEは大切な資産であると同時に原価でもあります。その構図が、SEという職業の給料事情に如実に反映されていると考えます。

フリーエンジニア視点でのSEの労働事情

フリーエンジニア視点でのSEの労働事情

SEの労働事情といえば、深夜帰宅、徹夜、泊り込み、休日返上が日常茶飯事。周囲が理解に苦しむほどに過酷で劣悪な労働環境です。そのような周囲から見れば「異常」な労働環境が、なぜか「当たり前」のこととしてまかり通っているのが、この業界です。SEたちは、「システム開発だから。この業界はそういうものだから。仕方ないことだから。」と、受け入れています。無理が通れば道理がひっこむというのは、こういう状況を言うのかもしれません。しかし、この業界で働いたことのない人にとっては、異常でしかなく、最悪の場合、いらぬ疑いをかけられてしまう場合もあるのです。

Copyright © 2014 フリーエンジニア視点からのSEという職業考察 All Rights Reserved.