フリーエンジニア視点からのSEという職業考察

SEはずっとPCに向かって仕事というわけではない?受注から設計がSEの主な仕事

カテゴリ一覧

SEという仕事

SEとは、システムエンジニアの略称です。
IT業界以外の人はもちろん、IT業界で働いている方でも正しく理解されていないことが多いSEの仕事についてみてみましょう。

SEという仕事

システムを開発する人だけど・・

SEは、よく「システムを開発する人」と言われます。
この表現が、誤解を招く原因になっているのではないかと思います。システムを開発すると一言で片付けてしまっては、プログラマーもそれに含まれることになります。これが、IT業界に詳しくない人にとっては違いがよくわからない要因だと思います。
そもそもIT業界で働いていない人や、ITに詳しくない人にとっては、システム開発という言葉自体がよくわからないかもしれませんね。ITの世界では、専門用語をたくさん使う風習があるので、それもまた理解を妨げる要因になっているのかもしれません。SEの人が、友達などに自分の仕事内容を説明するのが大変だというのはよく聞く「SEあるある」ですね。

プログラマーとSEの違い

プログラマーは、プログラミングのみを行う技術者のことを言います。基本的に、SEは、プログラミングは行いません。ただ、現在のIT技術者が不足している状況や、不景気によって、プログラミングをしなくてはならないSEさんも多いようです。
本来、SEの基本的な仕事内容としては、「システムの設計」というのがメインになります。よく「上流工程」などと表現されますが、システム全体の仕様や要件などを決めていく仕事です。そのため、プログラミングやソフトウェアの知識だけでなく、ハードウェアやネットワークなど幅広い知識とスキルを必要とします。これがITのエキスパートと言われるゆえんかもしれません。
建築業界で例えるなら、SEは、建築士。プログラマーは、大工さん。といったところでしょうか。

パソコンに向かうだけじゃないSEの仕事

SEの基本的な仕事内容については、前述のとおりです。 しかし、SEにはそれ以外の仕事がいっぱいあるのです。SEは、営業と技術者の橋渡し役とも言われます。
営業は、技術的なことはほとんど知りませんし、プログラマーは、営業活動ができません。そもそもの職種が違うので当たり前のことです。しかし、会社組織として仕事を取っていくためには、営業が前面に立ってクライアントと接していかなければなりません。
SEは、営業と同行して、クライアントに対し技術的な説明や、実現可否の判断などをしなくてはなりません。そのため、SEは、広いIT技術に対する知識と、社内外の人と円滑にコミュニケーションを取る能力が必要なオールマイティーな人材でなければならないのです。

Copyright © 2014 フリーエンジニア視点からのSEという職業考察 All Rights Reserved.