フリーエンジニア視点からのSEという職業考察

SEという言葉はよく聞くが、意外と知られていないSEの仕事内容

カテゴリ一覧

SEという職業を考えるの記事一覧

一般の人で、SEという仕事の内容をちゃんと知っている人はあまりいないようです。「IT系でしょ」というイメージだけは持たれているようですが。もっと言えば、IT業界の人でも、SEの仕事内容についてきちんと説明できる人は意外と少ないように思います。プログラマとの違いもわからない人もいるかもしれません。そこでまずは、「SEの仕事内容」、「SEの役割」、「SEの魅力・やりがい」という3つの視点から、SEという職業について語ります。

SEという仕事

SEという仕事

SE=システムエンジニアは、システム開発において「システム全体の仕様や要件を組み立て、システムを設計すること」がメインの業務です。これに対しPG=プログラマの仕事は、「システムに必要なプログラムをつくること」です。システム開発には、SEとプログラマの両方が必要で、それぞれ違う役割を持っています。プログラマはPCのモニタに向かってキーボードを打っていることが多くなりますが、SEは営業担当者と客先へ同行してクライアントとの打ち合わせに参加し、技術的な説明などをする機会も多くなります。

SEのリーダーとしての役割

SEのリーダーとしての役割

システムを開発する上で、いわゆる現場監督的役割もこなすSEには、リーダーとしての資質も求められます。クライアント、営業、プログラマ、保守担当など複数名の間に入り、広範囲にわたる調整をしながら開発プロジェクト自体を計画通り成功に導くためには、本質的なリーダーシップが不可欠です。ここで言う、本質的なリーダーシップとは、決して強引で独裁的なリーダーシップではありません。SEとしてのリーダーに望ましいのは、チーム全体の能力を最大限に引き出すことができ、決してしゃしゃり出ることなく、いかなる場面でも最適な判断を下せる能力を持つ人であると考えます。

SEのやりがい、魅力

SEのやりがい、魅力

心身ともに過酷な環境で働くSEたち。世の中のSEたちは、その仕事のどこに魅力を感じているのでしょうか。アンケート調査から見えてきた答えは、達成感と満足感でした。苦労があるからこそ、得られる達成感。困難だからこそ得られる満足感。苦労が大きいほど、その達成感や満足感も大きくなります。その達成感と満足感が、また次の困難に挑戦するモチベーションになります。また、チームでひとつのことを成し遂げる、チームワークに魅力を感じているSEも少なくないようです。開発したシステムがようやく完成したときの達成感を共有できる仲間がいるということも、大きなやりがいにつながります。

Copyright © 2014 フリーエンジニア視点からのSEという職業考察 All Rights Reserved.