フリーエンジニア視点からのSEという職業考察

フリーエンジニアになると給料が2倍にも?フリーエンジニアのススメ

カテゴリ一覧

フリーエンジニアが語る、フリーエンジニアへの転職

最近のIT企業の開発現場では珍しくなくなってきたフリーエンジニア。同じSEという職業でも、会社員として働くのとフリーエンジニアとして働くのでは、変わってくることも多々あります。フリーになるのも悪くない選択肢ではないでしょうか。手に職を持つ専門職であるSEなら、企業に頼らずに自力で稼ぐ力をつけた方がより有意義な働き方ができるように思います。

フリーエンジニアが語る、フリーエンジニアへの転職

給料が上がることが最大の魅力

フリーエンジニアと聞くと、その不安定さに不安を感じて躊躇する人も少なくないでしょう。
しかし、今ではフリーランスで仕事をすること自体が珍しくなくなってきていますし、採用する企業の考え方も以前とはずいぶん変わってきているように感じます。
特別なスキルが無くても、SEの経験があればわりと簡単に仕事は探すことができるでしょうし、なんと言ってもサラリーマン時代との給料のギャップに驚くことでしょう。
サラリーマンで、月収50万以上を稼ぐのはとても難しいことですが、フリーランスになってしまえば、月収80万以上も十分可能な金額です。サラリーマンと違って、多くが1年契約など短期的なものになりますが、一生フリーランスで働くことが無いにせよ、数年で大きな金額を得ることができます。フリーランスになることで、経験値も増えるでしょうし、チャンスさえあれば、とりあえずやってみるといった軽い気持ちでチャレンジしてみるのも悪くないと思います。一度フリーランスになっても、会社員に戻りたければいつでも戻ることはできるのですから。

フリーエンジニアになるために必要なスキルとは

SEは、知識やスキルよりも、経験の方がより重要だと思います。基本的に技術的なことはプログラマーにお任せすることになるので、SEとしてフリーになるなら、マネジメント力や最新技術の知識などのほうが重要ではないでしょうか。トレンドとしては、WEB系のスキルやノウハウをもっていると有利だと思います。最近は、WEB系の企業やスマートフォンアプリを開発するような企業が好調のようですので、求人数も増えてきています。また、そのような企業は自社開発が多いので、プロジェクトをまとめるSEを必要としているようです。受託開発ばかりをやってきて嫌気が差してきた人にもおすすめの業界です。
ここのサイトは比較的Web系の案件が比較的多くあったのでおすすめです。フリーエンジニアの開発案件情報はこちら

会社員だからといって安定しているとは言い切れない

安定を求めて会社にしがみついてみたところで、その会社がいつ倒産するかもわかりません。業績悪化による給与削減・人員整理などに巻き込まれる可能性もあります。また、会社員として心身ともにボロボロになるまで働いた結果、使い捨てられてしまうということだってありえます。そのときになって慌てるぐらいなら、そうなる前に、自分の力で食べていける力をつけておいたほうが、よっぽど安心だという考え方もあるのではないでしょうか。SEには、手に職があるのですから。

Copyright © 2014 フリーエンジニア視点からのSEという職業考察 All Rights Reserved.